SANYO ESSENTIALS

ABOUT

PHILOSOPHY

TIMELESS WORK. ほんとうにいいものをつくろう。

SANYO ESSENTIALSは、丁寧で真摯なものづくりの技術を結集し、メイド・イン・ジャパンのこだわりの品質で提案するベーシックアイテムのブランドです。高いクオリティの素材と美しい仕立てを特徴としています。

会社設立70周年を迎えた三陽商会は、歴史の中で培った「ものづくり」の技術と品質を継承すべくタグライン「TIMELESS WORK. ほんとうにいいものをつくろう。」を策定しました。この想いを体現する商品として、『100年コート』が企画製作され、プロジェクトが進められる中で、普遍的でベーシックなアイテムをラインアップに揃える、新たな自社ブランド「SANYO ESSENTIALS」が誕生しました。


HISTORY

1943年に設立された三陽商会は、終戦直後の1945年に銀座に営業所を開設し、レインコートの製造販売を開始しました。

1951年には「サンヨーレインコート」の商標登録をおこない、全国各地の百貨店への営業も開始。デザイナーの起用、宣伝による販促、ファッションショーの開催と業界初の試みをおこなっていきました。

1950年代には、一世を風靡した「白いダスターコート」、フランス映画女優の名前を冠した「ササールコート」などを販売し数々のヒットを得たことで、総合コートメーカーの基礎を固め、海外にも目を向け始めていた1960年代にはフランスのCCC社、英国のバーバリー社らと契約しここから世界との提携が始まりました。

海外優良ブランドとの提携や自社ブランドの開発に力を入れた70年代以降、高い品質を支えてきた縫製技術とそれまでに培われた商品開発力を軸に、メンズスーツやカジュアルウェアも手掛けていきました。

また、女性向けブランド「EPOCA」に代表される自社ブランドも積極的に展開し、総合アパレルメーカーとしての確固たる地位を確立してまいりました。

QUALITY

三陽商会は創業以来、厳格な品質管理に力を入れてきました。製品の染色から防水、プレス加工や洗濯による耐強度検査を行っています。特にJIS規格の撥水度や耐水性の試験では、海外から専用機を輸入し、レインコートでは他社の追随を許さない、品質に対するこだわりを大切にしてきました。

色移り試験

塗料や布の種類による色移りの違いが検出されます。

縫製検査

一目で縫製の不良がわかる「絵札」を用います。

撥水試験

着た状態を再現する降雨試験やスプレーテストをします。

J∞QUALITY 日本の技術と美意識の証

100年コートはJ∞QUALITYに認証されました。

本当の、日本品質の証明がはじまります。
J∞QUALITY、それは日本が世界に誇る、品質の証明です。
従来のMADE IN JAPANを超えて織り・編み、染め、縫い、企画・販売、
そのすべてを日本国内で行った商品のみに与えられる統一ブランドです。

公式サイト:http://jquality.jp